theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

人工地震

人工地震という言葉に

えー?うそーっというトンデモみたいにいう人たちがいるが、そういう人たちに限り向き合ったことがないのだと思う。

 

とりあえずwikiですら出ているし、まあニュートラルな書き方ではあると思うので一読を

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/人工地震

 

第二次世界対戦末期にはすでに開発されていたらしい。

核爆発が出来るようになったから。

 

事実は小説より奇なり。

っということを念頭においてもらいたい。

 

そのあたりの玉石をどう判断するかというと、誰にとって得で、どういう効果があるか?文脈をみてどうか?っというコトである。

 

前震という言葉が最近できたけど、これは少し無理やりな文脈のようにも感じる。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/前震

 

 

ボクは最近の地震は人工が多いのではないかな。っと思う。っていうのはこの規模の地震が多すぎ。

以前関東大震災にあって阪神淡路大震災にあったおばあちゃんがいて珍しがられていたけど、この様子ではボクたちの時代では当たり前になるだろう(笑)

波形をみたらよくわかると思うのだが、それもねつ造される。

 

大学教授とかが言ったらみな右にならえ

右にならえといったらそうなるのが日本

 

バチがあたるから、その先には行かない日本人。

 

しかし、ボクはお守りの中身を開けてしまう性格であった。そのあたりは福沢諭吉さんに共感する。そのグレーのギリギリが面白いところでもある。

 

大切なのは呪である。呪にかかれば洗脳はたやすい。それをよく使うか悪く使うか。ブラックに使うかホワイトに使うか。

ホワイトもブラックも自分に返ってくる。

ブラックはわかりやすい。ホワイトは宇宙に還元されて優しい雨のように降り注ぐ。ホワイトのそれは愛を増やすという行為。

 

 

熊本の地震でも少し調べると引っかかる記事が出てくる。しかし、これは去年のことなのだけど、かなり重大な内容で、しかも何を変えたか?っと、いう所まではかかれていないしマスコミは絶対にこれをとりあげない。

https://m.srad.jp/story/17/10/05/078256

 

 

なんで熊本なの?っという話は日本はどこにも安全な所はないですよ〜っという識の植え付けがあるかと思う。九州の地震によって日本で安全と思われる地域はなくなった。

 

脳を畏縮させるため。日本人を弱らすためかもしれない。

 

 

そして、一番根底においておいてほしい認識としては日本はアメリカの属国。日本は有効な属国である。何故なら戦争に負けたから。

 

その時何故属国にしなかったのかというと、色々あるけど、日本人は世界的にみてもとてもキチンとしているとても良い子民族なので、薬を大量に買ってもらったり、パートナーという肩書きでいてもらった方が良いな。っと判断したからであろう。

 

もっというと皆さんよくご存知の明治維新からメイソンの流れである。坂本龍馬がメイソンというのも西さんのおかげで今ではよく知られたお話

 

安倍さんはだからいうても強い。薩長の流れ。特に長州のながれだから。政治家っていうのは弁論が強いのが結局強い。古代中国の時代からそうであり、舌先三寸で国を動かすのが政治家。弁論で勝てないのでは勝てない。

 

 

この度の大阪の震災はホントはもっとひどい規模になる予定なのだったではないかな!と思う。

この何日かであるとしたら京都か大阪だと思うので、とりあえず準備には気をつけましょう。

 

多分ないと思うけど。

 

大阪は万博。京都は日本の大観光都市。

観光客をもっとアメリカに目を向けたいのである。

 

パリもそのようなノリでちょいちょい観光客を減らすような行為があるかと思う。

 

 

 

 

まぁ、そういうもんで、そのようなコトを念頭に置きつつ、大局をみて、ようは一番は自分を信じて行動するコト。守護の言葉を聞くようにというコトである。

 

東日本大震災の後、陸前高田の氷上山という所に奉納演奏にいった。その山は山上に祠が三つあり震災後お忍びで天皇皇后両陛下が行かれた山である。その祠は鉄製でよほど大切なものが入っている。

 

その時に何人かの人たちに話を聞いたのだけど、あるおじさんは

 

地震の後、海の道か山の道かどちらで帰るか迷ったんだけど、なんだか知らないけど山で帰った。

海で帰ったら津波にのまれていた。

 

そのなんだかわからないけど。が大切なのだたら思う。いつの時代も大変なコトはあるのだけど、幸せに生きていくには自分のインスピレーションでいくしかないのである。

 

そのインスピレーションとつながるのが自霊拝。

 

感謝。ここにいるコトは常に奇跡。

 

 

感謝で自霊拝をしましょう。

自分と全てに感謝。梵我一如。 

 

ざわついた心であれば落ちつくかもしれません。

 

有事の時に自分を信じる心が一番大切なように思う。

それが試される時であるのかもしれない。

 

 

物事というのは一面から見てもわからないことがたくさんあるのである。

 

色々な人がいて色々な常識がある。

そんな世界だよ。ハっ

 

理と智のはざまで

被災された方に合掌

 

宇宙からの愛は常に降り注いでいる。

宇宙は君の手に