theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

これからのアーティスト考

松が終わり、続いてオニの製作デス。

 

f:id:thaze:20180307170939j:image

 

ひたすら。

 

これでいくらもらえるというコトもなく

もちろん時間給とかもありません。

 

家族もあるし、色々あるけど、その圧力の中アート一本でやってるコトが自分の成長の糧となっています。

 

 

普通の脳みそなら、こんなバカげたことしません(笑)

まして嫁は許さないでしょう。

 

嫁も信じてくれているのです。

 

 

 

 

ひたすら作る

 

アーティストはそういうもんなんだと思います。

 

 

生きているというコトは結局のところ無心の愛なんだと思います。

 

f:id:thaze:20180307170916j:image



 


そして

主に2013年からの作品をまとめたホームページが出来上がりました。


嫁のサオリちゃんがホームページを勉強して作ってくれました!


http://theohaze.com

 

よろしければご覧ください。

 

英訳もすべてサオリちゃんデス

子育て三人して、家事して、今の時期なら税務もして、の間にホームページも作ってくれました。

ほんますごい!

 

ので、さすがにブログはやりすぎかと思ったので、たまにアップすることを勧めました。

 

千字以上の文章をまとめるのは1時間はパソコンと向き合わないと出来ないもんなんですよね。

 

 

この五年。

とりあえず自分の中の材料を出しつくすことをしました。

 


一つの作品でひとつ展示会を出来るくらいのモチーフを作ったつもり。

 

 


これからのアーティストは美術館を全部埋めれるアーティストが求められると思うんです。


ので、その人のテーマに沿ったバリエーションがどれだけ生み出せるか?

 

っというコトを意識しました。


ので、立体、写真、ペイント、映像。

全部出来ないと飽きさせず埋まらないと思うんですね。

 

 

 

その枝葉が幹に根につながっていくみたいな。

 

そんな作品群です。

 


そして、
世界に新しくできていく美術館はドンドン巨大化していっているので、それに耐え得るような巨大なモチーフ

数、テーマ、モチーフのバリエーションが求められると思う。

 

巨大なもの

 

それはまだできてません(笑)
ネタはあるんですが

なんせ、具現化は大変です(笑)

 

 


今世では

およそ五万点作ったピカソを越えたい!

 

 

そして、ボクの師匠は故嶋本昭三先生という方なんですが、二千年に入る前に言っていたコトを思い出します。

 

21世紀はコラボレーションの時代だ‼︎

 

ホント先見の明があったのだな。

っと思います。

 

 

その先生に

 

君はすごく才能があるけど、すごく不真面目だ

 

っともいわれていたのを思い出しました(笑)

 

まぁ、ボクの中にも色々あったのです。

何だかやっとです。

 

スロースタートでしたが頑張ってますよ。

先生