theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

弁財天奉納演奏

今日は箕面にある龍安寺に奉納演奏に行きました。

f:id:thaze:20180218221255j:image

 

知り合いの方に教えていただいたのですが

ここはなんと日本最古の弁財天らしく

 

 

日本五大弁財天はまいったのですが。

 

ボクとしてはやられた〜(笑)っという感じでした。

 

昔ミュージシャンの時代、弁天太朗と名乗っていたのです。

 

天川の弁天さんは魂の母親だな。っと天川の奉納演奏で感じたコトがあったのです。

 

ちなみにボクのお詣りした五大弁財天とは

 

安芸の宮島

琵琶湖の竹生島

大和の天川

江ノ島

仙台の金華山

です。

 

この五つの場所に導かれるようにして行かせていただきました。

 

宮島は

やはり弥山ですね。弥山。弥山の崖で演奏をしました。広島は母方の祖先の地なので、そのあたりとリンクして感慨深かったです。

 

 

その弥山つながりかヤマトの天川の奥宮も弥山と言うのです。

そちらにも登らせて頂きましたが、その時山頂の森は枯れていて、ボクは祠で笛を吹きました。

するとどこからか一羽の小鳥が飛んできて、側の枝に止まって笛を吹いているボクに何か訴えかけてくるのです。ピーピー‼︎

 

逆さまになって必死で訴えてくるのです。その様を見ていた同行者は少しひいてましたが。ボクはなるほどな。

 

っと思いました。

 

まるでマンガ!

 

実はその前の天川神社の神秘体験。そのあと嫁と一緒になるきっかけをいただいたのも天川でしたので、一直線につながる何かがあったのです。

 

話は変わって江ノ島。ここは弁財天ですが龍系のエネルギーが実はあるのです。

 

江ノ島の洞窟に謎の龍がいますよね!(笑)

 

ボクのなかで弁財天は女神系か龍系にだいたい分かれます。

 

 

弁財天というのはインドのサラスバティーから来ていますが、日本では宗像三女神の市杵島姫です。

 

宗像三女神。つまり海人系の神ですね。

 

そして、ボクの母方は村上水軍の流れなので海人系なのだと思います。なので、何か惹かれるるのかもしれません。

 

そういえばボクは誰にも教えられないのに海でヌキテ(横泳ぎ)が出来ていたのです。これもきっとDNAの仕業なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

で、仙台の金華山ですが、これまた仙台の友人のお家に行かせていただいてどこに行きたいか?っと聞かれたので

 

金華山。っというと。

 

どこそれ?みたいな。そして調べてもらうとなんと船で行って離れ小島からさらに五百メートルほど登らないと行けないみたいな。

 

けど、それでも行きたい理由がボクにはあり。

 

実はその仙台に来る前に

長嶋茂雄さんの遠縁に当たる信長の首塚を守ってるお寺関係の方に貴方の過去世は信長だ。

 

 

っと言われていたコトがあったんですね。

 

丁度その頃、めちゃくちゃ人を殺めた記憶があり無縁仏を見るとおがまずにはおられないという体質でした(笑)

 

そして、その仙台に行く前にその方から急に電話がかかってきて、その内容は

 

昔書いたメモが出てきたんだけど、ちょっとよくわからないけど言っておかないといけない。っと思って電話した。

 

その内容は信長が喉が渇いているので金華山の水が欲しい。

 

っという内容で

 

ボク丁度金華山に今から行こうと思ってるんですよ。

っというと

 

 

えー!!っというような流れのある話でした。

 

そのあと金華山の湧き水を持って帰り、その首塚に水を注いだら、強烈な嵐がらやってきたらしいです。そのあと快晴みたいな。

 

変な話ですが。

まぁ、変な話ばっかりですよ。ほんと(笑)

まだありますからね〜(笑)

 

んで、金華山ですが、ここも龍系でした。

 

ってか、仲間たちと霧のたちこめる金華山を登ったコトは忘れられませんね。なんか途中で妙にテンション上がっちゃったもんな〜

 

雨霧と足場の悪さで

ありますよね〜

 

巡礼のハイ

 

遍路はヘンローズハイ 

行者はギョウジャーズハイ

 

みたいな。ある一線のコンフォートゾーンを超えたら気持ちよくなるんですよね〜

 

それの連続です。人生は。

 

 

 

 んで、話は戻り箕面の最古の弁財天

 

それは行かねばと行ってきました。

 

素晴らしく心地の良いお日様が迎えてくださり、はじめはあまり音を鳴らされていないようで寂しそうでしたが、何回か弾くうちに元気になられたようでした。

 

弾き終わって後ろを見ると人だかり。

 

みなさん口々に

いーもんみれた〜

みたいなコトを言ってくださります。

 

ありがとうございます!

 

 

 

後、その奥の山は天井が岳というこれまた役行者さんの昇天の地で、何かと役行者にご縁がありましたのでこちらも行ってきました。

 

 

こんな近くにこんな重要な霊場があるとは。

ほんと。今って感じでした。

 

以前、天川に行ってウロウロしているとたまたま役行者さんの母親を祀っていたお寺がお祭りでしたので、奉納演奏をさせていただいたのを思い出しました。

 

f:id:thaze:20180218221544j:image

 しかし、この日はちょっと吹雪いてきて三味線のケースが濡れて濡れて。

 

やばそうだな。

 

っと思った瞬間に吹雪のなかを登山の方が下りて来て、後五分ということを聞きそれならと登りました。

 

昇天の地で傘さしてもらいながら奉納をして無事昇天。

 

f:id:thaze:20180218221801j:image

 

そのあと吹雪がさっとやんで快晴。

 

わかりやすくありがたかったです。

 

 

とても静かで清浄な場所でしたので行かれる方は気をつけて行ってくださいね!