theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

プロフ3

進路が音楽から絵画に変更して

画塾通いがはじまった。

 

プロフ2のつづき

thaze.hatenablog.com

 プロフ1はこちら
thaze.hatenablog.com

  

デッサンは初めから結構出来て

先生にやってたの?

って言ってもらった(笑)

昔からやる気になったら、かなりよく出来る傾向がある。

 

やる気がないと終わってる(笑)0か100です。

 

 

画塾で法則を教えていただいたのでドンドン上達した。 六面体と球と円柱の法則が分かればだいたい描けます。

 

 

初めはファッション学科に行こうかとも思っていたのだが、絵画を勧められてそのようにした。

 

 

そして、明日受験の日!…テスト内容をみると、なんと

 

鉛筆デッサンではなく

 

色彩表現‼︎

 

と書いてあった。

 

なんと、鉛筆デッサンはいらなかったのだ(笑)習ったのに。

代わりに絵の具がいる。

 

ボクは急いで絵の具を買いにいった。

 

 

そして、受験して受かった。

 

 

それから髪の毛を紫にしたりピンクにしたり、やりたい放題やってた。 全身ピンクで靴だけ緑という日もあって、近所では怪しまれてた。

 

けど、入学式のころには黒に戻っていた。

いや、正確にいうと

高校の頃はストレートだったのが天然パーマになっていた。

 

きっと一週間にハイブリーチを三回したり過剰に髪を痛めつけたので髪がヤバい

っと思ってうねったようであった。

 

ので、高3から大学1年にかけて二重になって天然パーマになった。

よくパーマかけてるの?っと聞かれるが、天然なのである。

 

 

入学式の日はそれこそ天気の良い日で、母親と夙川でのんびり桜を見ていたらいつの間にか時間が経っていて

 

あれ?もう遅れそうやん?

 

っといって急いで大学に辿りついて大学の職員の方たちに  早く〜

 

っと急かされ、汗だくで入学式に臨んだ記憶がある。

 

そこで現代美術家 嶋本昭三先生と出会う。

 

 アートやったら世界が見れると ピンっと来て世界で活躍されていた先生と出会ったのだから、霊感は間違いないのである♪