theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

スーパー排毒法

12月始めに、久しぶりにライブで歌いました。

チャンとコンサートするのは六年ぶりくらいでした 

f:id:thaze:20171208193559j:image

 

とても良い時間でした♪

 

 

が、実は

その3日前に風邪をひいてしまってて、喉にきてたんですよ。

 

んで、

喉に炎症がきて胸にいきよる感じで、あぁこれ歌やばいな〜

 

 

っと思って意を決して温泉に行きました。

 

いや、ホンマにボーカルやる時ってその辺り気を使うんですよね〜

風邪ひいても打弦楽器は気合でなんとかいけますが、歌はもう一撃でダメなんです。

 

ほんま、ボーカルっていうのはその繊細な分、訴える力があるパートなんだと思います。

 

 

んで、そこで胸の炎症を下までおろすコトにしました。

 

これはヨガの人が排毒してるのを見聞きして出来るんちゃうかな?っと思ってやってみたのです。

 

 

 

温泉に身体を浸しながら呼吸法で落としていきます。イキム感じで

 

 

グーっとグーと 腹の芯に落としていく感じです。

すると、ちょっと居ても立っても居られなくなり、いそいでお風呂から上がりトイレに駆け込みました。

 

そして、排毒!

 

 

しかし、血圧も下がりすぎて手の感覚も痺れて来ました。冷や汗もすごい。ちょっと立てないくらいヤバい。が、

 

さらに、排毒! 

 

 

そして、全てが終わり何とか立って外に出て嫁と会うと。

 

嫁が血相変えて

『誰かに殴られたん⁉︎』

 

っといいました。っていうのは顔色が真っ黒になっていたらしいです。

確かに運転出来ないくらい尋常でない消耗具合で大変でした(笑)

 

それから呼吸を全身に巡らせて顔色が黒→白→青→黄→赤

 

っと戻っていきました。

 

そして見事、胸の炎症はなくなった!

 

ホっ

 

っとしたのもつかの間

 

 

胸の炎症がなくなったのは良かったのですが、どうも胃腸の調子が悪くなりました。なんかあまり胃腸が動いていないようです。

 

そして感じた末に

 

これは降ろしすぎたんだ。っという結論に達して内臓を上げる漢方を飲みました。

 

これは気を上げる薬というものなのですが。

 

気を上げるというのは内臓が下がっている人の内臓を上げて元の位置に戻して正しく血流を巡らすというコトなんです。

 

  ので、臓物を上げる薬なんですね。

 

予想は的中してやはり排毒の時に臓物を降ろしすぎていたみたいで薬を飲むと直ぐに元に戻りました。

 

 

 

漢方は効きやすい効きにくいがあるんですが、ボクはめちゃ効きやすいようです。

 

 

そして、無事にライブが終わりましたとさ。

 

体って面白いですね♪

チャンチャン。