theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

アート

製作日記

今日はここできて煮詰まってきました。 あと少しなんですが、絵は最後の方がボクはしんどいのです。 この左下の二つの線は天津金木なんですが、これの線の色を灰色系にするかクリーム色にするかを迷っているのです。 左が灰色系。右がクリーム色系 東洋的に…

ペルソナ

ペルソナっていう言葉は聞いたコトがあるでしょうか? ペルソナ(英: persona)とは、カール・グスタフ・ユングの概念。ペルソナという言葉は、元来、古典劇において役者が用いた仮面のことであるが、ユングは人間の外的側面をペルソナと呼んだ。 by wiki っ…

松宿る神霊

ただいま明石で制作中 松宿る神霊、宙から降り注ぐ っていう感じです。 まだまだ途中ですが これは能舞台の松にインスピレーションを受けて描いてます。 能舞台って松が描かれてますよね。 何で松が能舞台にかかれていると思いますか? アレは依り代らしいん…

わかりやすい世界

あまり気付かないけど 世界は価値をつけることで常に動いている。 そのあたりを追っていくと謎がポロポロっと解けていく。 価値づけ オークションは舞台装置 ジェフクーンズの犬 奈良さんの犬 反対から読むとGOD 村上さんはミッキーモチーフ カウズもミッキ…

ポッピング秘話

ポッピング この目玉ボーンなんですけど、これは霊的覚醒による喜びというか、人生に対する驚きというか。 そういう わぁー‼︎ っていう人生の感動を表しているんですよ 実は(笑) いっつライフって 誰しも色々あると思うんですよね。 表には出しませんがね…

ポッピング誕生秘話1

明けましておめでとうございます♪ 今年もよろしくお願いします って遅いって?(笑) 年末に嫁の実家に帰っており、娘が体調を崩し、次に嫁が崩し ボクまで来るかな?って思うたので、余力がある内に急いで帰って来て今年の制作の準備をしておりました。 ま…

ニューヨークのバーでの話

2016年の冬 ニューヨークで、とあるバーに入った。 そこは3人のスタッフでまわされており、1人は日本人であった。彼は20年ほどニューヨークに住んでおり、名前をジミーちゃんといった。 彼の作る一品が美味しかったので何度かそのバーに通った。 彼は柴田雄…

日本と西洋の褒め方の違いやら

褒め方というものに民族性がとても現れていると思う。 バクっと 日本人は褒める時に面白い っという場合が多く 西洋諸国の多くは美しい。 っという場合が多い アメリカはDope! っとか言っている 面白いはもともとこういう意味なのだが http://gogen-allguide…

ポップアートとは?

ポップアートという言葉はきいたコトがあるかもしれないがポップアートとはなんぞや? 実は定義がある。(笑) 津軽三味線の津軽じょんがら節のじょんがらという意味を知らないように言葉の表面的な部分で流れていく言葉っていうのは本当に多い。 津軽三味線…

2017年3分の2

今年の前、中半はいわゆる秘密結社探究の年であった。 去年ニューヨークのオークションウィークと今年のファッションウィークのパリコレに参加させてもらったコトにより、よりこの世の付加価値は体制側が仕掛けまくっているのだな。っと感じた。 リアルな波…

アーティストの歴史

アーティストの歴史をみてみると有名なアーティストはフリーメイソン、秘密結社に入ってる場合が多い。 有名なのはモーツァルトとかベートーベンとかバッハやレオナルドダビンチなど。 もうちょっというと レオナルドダビンチ、ドビュッシーはシオン修道会と…

大きさの妙

人は生きる上でこれはこれくらいの大きさだという認識を脳に与えていく。 例えば車はこれくらい。 鉛筆はこれくらい。 そしてその鉛筆なのに違う大きさが違うものがやってきた時 脳はグラグラする。 その辺りのギャップをねらって針やボタンを大きくしたり …

瞳孔がひらく

昨日、娘が至近距離で投げたウルトラマンが頭か足だかが目に刺さって、目が赤くなったので眼科に行ってきた。 私は過度の医者嫌いである(笑) が、仕方なしに行ってきた。 やはり目の表面に傷がついていたらしく、瞳孔をひらいて目の奥もみるという。 瞳孔…

目標

インスタグラムで外国の方がナイスギャラリーとコメントしてきた。 1人の作品群なのだがあまりにも多種多様すぎて何人かの作品だと思ったようだ。 ボクはそれを見てやった!っと思った。 ここ何年かの僕の目標はどれだけ多種多様な引き出しを作れるかという…

ドラえもんってね

ドラえもんは日本、アジア圏では大人気だが フランスでは人気がなくすぐに打ち切りになったという 何故かというと すぐに人を頼るから あかんたれやん! みたいな(笑) ヨーロッパは人生は自分で切り開くヒーロー みたいなのが基本なんですよね。 そのあた…

作品作り

ただいま制作中

ギャラリーと美術館と経済

今回の話はアートのレア話です。 あまり表だっては出てこない話。 けど こういう方向からみるとまた色々と見えてきます。 ニューヨークは2016年に二度行きました。 一度目はアーモリーショーとボルタNYというアートフェアに 二度目はオークションウィークに…

星から来た?

そう。 ボクは初め鬼をテーマにアートを作っていて、おに の語源に おぬ っというものがあって 「隠ぬ」っと書く。 その語源の話はとても興味深くて、よくわからない人びとや、歴史的に封印されていったような人びとがオヌと呼ばれて それが時代が下ると中国…

日本人の美学

日本人はナチュラルにやっていくと ワビサビの世界 もう一ついうと神道的な美学になってくる。 現代、世界に発信した有効な材料として アニメティック ワビサビ➡︎ 神道 というものがある が アニメティックの代表は村上隆さん ワビサビの代表は杉本ひろしさ…

光る本

初めてフランスに行く前に色々と準備をしていた。 その時ピンと来て 嫁に 今、あそこの本屋で光っている本があるから買ってきて。 っといった。 そして嫁は本屋に行ってそれを見事ゲットしてきた。 ホントに光って見えたらしく、あーこれだ〜 っと思ったらし…

人生は知るコト

人生は 知るコトが大切だと思う。 何でもかんでも知ったら良いというのではなくて 自分の知りたいコトを知れば良いと思う。 知りたいコトって人によって違うと思うんですよね。 ボクは見えない世界とアートと秘密結社系が主に気になったけど …だいぶ偏ってる…

スティーブアオキポッピング

スティーブアオキさんが、ボクのポッピングをデザインしたティーシャツを着てくれました♪ スティーブアオキさんとは世界のトップDJです♪ グラミー賞最優秀ダンス/エレクトロニカ・アルバム賞の候補にもなった方。 ちなみに ポッピングは覚醒の象徴で 霊➡︎磐…

悪魔の起源

ボクは一時期鬼をモチーフとして作品を作っていたので、 鬼というものを一応 紐解きましたが、海外に行くとこれはデーモン(悪魔)か?っと言われるコトがあるんですね。 ので 悪魔の正体は何か?っというコトを書いてみたいです。 まず、デビルdevil は、語…

古代ギリシャ オルペウス教

オルペウス教というものをご存知でしょうか。 ボクは鬼をモチーフにした作品を海外で展示していて、日本の鬼というのは海外で言うところのデーモンか?っとよく聞かれたので、デーモンについて調べ始めて、ギリシャの思想のダイモーンという言葉に行き着きま…

ブランクーシ

ブランクーシを知ったのは南仏のギャラリスト、ジャンマルクティルケの家で本を見ている時であった。 敬愛するジャンマルクティルケはとても魅力的で大好きな人なので、また紹介したいと思う。 偶然、必然にもその作品集を手にとって見ると ぐぐーっとその作…

プロフ3

進路が音楽から絵画に変更して 画塾通いがはじまった。 プロフ2のつづき thaze.hatenablog.com プロフ1はこちらthaze.hatenablog.com デッサンは初めから結構出来て 先生にやってたの? って言ってもらった(笑) 昔からやる気になったら、かなりよく出来…

現代アートを作った国

いわゆる現代アートの流れを作った国ってどこだと思いますか? ズバリアメリカです!何故そうしたか?っというコトをボクなりに解説して行こうと思います。 アメリカの歴史は、植民地時代をいれても400年くらいです。 国にも年齢みたいなモノがあると思うん…

ギャラリーの今

今日はボクが実際にパリで体験した出来事を元に、書いてみたいと思います。 日本人にとっては一番謎のアートの売買の世界。 まず ギャラリーは日本では絵を見る所。見る空間。 はたまた何となくオシャレな空間をギャラリーと呼んでる所もあります。 何でも「…

運ってどこから来るの?はじまり

ボクは、実は運についてはかなり考えるキッカケがあった。 10代の後半から20代前半はストリート三味線をしてお金をもらっていた。阪神間のどこかの駅にいきなり座り出して演奏する。これは非常に勇気のいるコトであった。が、ドキドキよりワクワクが少し勝っ…

美術というより価値

大学の初めての授業で 師匠の嶋本昭三先生が生徒に対していったこと。 緑色の細長い出席簿を手にして、 「この出席簿がただの出席簿ではなく、エリザベス女王が使った出席簿だとすると? 凄い価値のモノになる。アートの基本はそういうことです。 っといった…