theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

おススメの本2

おススメの本というか 好きな作家です(笑) ボクはあれなんです ほとんど小説とかは読まないですが、芥川龍之介の文が好きなんです(笑) 文がきれい!っと思うんですよね〜 で、やはり芥川の短編が好きですね。 羅生門の 「きっと、そうか。」 っとかは、…

おススメの本

ボクはよく色々知っているらしいので、本をよく読んでるんでしょうね~? っと言われるんですが、ほとんど本は読まないのです。 色々な情報は山を歩いていたり、散歩していたりするときに パンっ! っと閃くというか、認識するのです。ので、答だけやってくる…

のっぺら坊

のっぺら坊をみた友人の話 大阪と奈良の境目に生駒山という大きな山があり、そこには生駒トンネルという有名な心霊スポットがあった。 そこで友人が中学生の頃、ベタに肝試しをしようということになったらしい。 そして。暗闇の中をトンネルへ… 四、五人で、…

木の霊

夜、山道を友達の運転する車に乗っていると 何もないのに 友達が急にハンドルをぎゅっときって 何かを避けた。 え⁈ 危ないやんか〜 みたいに友達に言うと 木が道の真ん中に立っていたらしくて それを避けたそうな。 友達はホント色々と見えてしまうようで 幼…

北京に行った時の話

およそ20年くらい前に北京に行った時の話 その時はベタな観光で行ったのだけど、友人を介して北京の人と仲良くなった。 その人は馬さんという人であって しばらく行動を共にしていたら 日本人がこんなに良い人だとは思わなかった。 っと言われた。 ボクは (…

臨死体験

おばあちゃんの臨時体験の話 何の病気か忘れたけど、死にそうになったらしい。 その時井戸の中に入っていってやはりベタに河原に出た。 川が目の前にあり、そのあたりで自分の名前を呼ばれてそっちに意識をすると 戻ってきた。 そのまま川を越えてたらあっち…

しょうちゃん

母の母。つまりボクのおばあちゃんには弟がいて 名前はしょうちゃんといい、今でいうとややキチガイだったようだ。 母方の方にはちょっと変わった人がいたりしてヤクザの抗争で行方不明になって失踪宣告を受けた人とか。昔ではそんなに珍しいことではなかっ…

霊の話2

おばあちゃんが夜歩いていると ベタに、柳の木の上に白っぽい人がいたらしい。 ぼやっとみえたらしく 幽霊だと思ったので、あまり見ないようにしたのだが、その柳の木の側の建物は病院であった。

仏壇の話

マンションからおばあちゃんが引っ越しするときに仏壇を処理することにしたらしい。 そして 回りの人に挨拶をしていた。 その時、一人驚いた方がいて どうしたのか?っと聞くとその人は前日におばあちゃんの家からたくさんの黒い着物を着た人たちが出て行く…

霊の話1

暑いですね。 近親者から聞いた少し不思議話をメモ書き ボクの母方のお父さん。つまりボクのおじいちゃんは40くらいでなくなったのですが、その亡くなる前日のこと 母がお見舞いに行くと、 あー、馬車が来てるやんかー Sさんが来てるな〜 っと誰もいない所を…

霊障について

霊障という言葉があります。 軽いものではいわゆるラップ音とか、電気が霊に反応してついたり消えたりするのです。 なんでかはわかりませんが、霊は電気にしばしば反応します。 ボクのおじいちゃんは母親が10代の時に亡くなったのですが、亡くなった夜は一晩…

Dior hommeでよく使用されていた蜂 グッチでも使用されていた蜂 これは元は メロビング朝の王の墓から発見されたというこれであると思う これは 忠誠を表しているのだと思う。 っていうのはブランドのスポンサーの多くはヨーロッパの貴族であり、今でもメロ…

人生において

一見悪そうなコトでも 人生に起こるコトで、悪いコトは何もない 全て自分に必要なコトばかりなんよね 直ぐにはわからないかもだけど そういうコトワリを意識すればするほど 宇宙はその答えをより気づかせてくれる。

マンガ話 続き

この前、マンガ話を少し描きましたが 個人的に ハイジ、エースをねらえ、スワンはどうなのか? っという疑問をいただきましたのでそのあたりについてすこし考察してみたいと思いますが(笑) その前にまず、日本の漫画の歴史から展開するとして、やはりディ…

日本の漫画って

日本の漫画を一言でいっちゃうと 少年漫画は任侠の世界観で 少女漫画は大奥の世界観 だと思う。 もちろん例外もあるけど、マジョリティ的に、やっぱ日本男女はそのあたりが感情動くんだと思う。 ドラゴンボールのクリリンが死んでスーパーサイヤ人になるとこ…

野見宿禰の塚

今日は古代史のお話 お米を作っている知り合いの難波良寛 https://earthjournal.jp/activity/33047/ という人に誘われて奈良桜井のトミ神社で奉納演奏をさせていただいた。良寛氏は表面はふざけているが、とてもハートフルな人間である。 そして、FBに彼が上…

ピアノレッスン

娘がピアノをやりはじめて 一年ちょっと習った所でコンクールに出る流れになり、それからピアノのレッスンやピアノの練習に付き合うことになりました。 で、ウチは電子ピアノしかないので流石にそれではダメだな。っと思いグランドピアノのある練習スタジオ…

南仏での夏至の思い出

今日は夏至ですね。 夏至と冬至というのは古代からとても大切にされていた日であります。 4年前の今日、ボクは南仏の磐座で奉納演奏をしていました。それが夏至だったというのは実は今日FBで知りました。 アレは夏至の日だったのだなぁ。。 4年前、ボクは南…

ドラゴン

最近はドラゴン描いてます。 ヴリドラ、宇宙的な 言霊と音霊でつくられた。 コスモドラゴン。 コモドドラゴンじゃぁないよ♪

人工地震

人工地震という言葉に えー?うそーっというトンデモみたいにいう人たちがいるが、そういう人たちに限り向き合ったことがないのだと思う。 とりあえずwikiですら出ているし、まあニュートラルな書き方ではあると思うので一読を https://ja.m.wikipedia.org/w…

興味ふかいサイト

このサイトはとても興味深いので紹介したいと思います。 ナチスの幹部が戦争終わったら国連の上部にいた。なんか、そりゃそうだろな。 歴史ってスポットライトがあたるのは氷山の一角で、その見えない所が大切なんだ。 じゃないと翻弄され続けるんだー みた…

南仏の村での制作

アーティストレジデンスでいった南仏の村での制作はそれはなかなか孤独な作業でした。 何仏のアトリエ 周りに葡萄畑以外、何もないので必然的に内面に向かう。 しかし、ここでぐーっと自分に向き合ったのは良かったと思います。 都会は良くも悪くも楽しいコ…

龍の音

さて、今日はみなさん大好きな龍の話です。 え?好きじゃないって?(笑) まあ、変わった話ですが読んでやって下さい。 ふと先日友達と喋っていて龍の話になりました。そして、息子が龍の話をしだしたりしましたので十年ぶりくらいに龍を意識しました。 龍…

ユダヤの奉納演奏

今日はまた天川の磐座でお会いした方に誘われ 奉納演奏をしてきました。 ガチの神事はだんだんと言葉はなくなり そういうことですね。 っという言葉だけになっていったりします。 さて、天川神社という場所はボクにとって特別な場所でして、神秘体験により見…

自分の道をいく。補足

自分の道をいくコトが 結果 世界、宇宙へとつながる 愛の素粒子を感じて

自分の道をいく

人生において一番大切なコトは自分の道をいくコトだと思う。 人の道ではなく自分の道 それを歩んで死を迎えれるならそれほど最上のコトはないのではないであろうか。 それは喜びの道であると思う 人はブレやすいものである。 世間の評価を気にして生きていつ…

Powers of ten

大学時代にみて感動した Powers of tenです。 ボクの中ではこれがベースにあり、世界の全てはつながっているのだな。 っという根本的な思考回路を作られましたのでシェアしたいと思います。 https://m.youtube.com/watch?v=paCGES4xpro 極大と極小は限りなく…

龍鎮神社 奉納演奏

奉納演奏に行ってきました。 奈良の龍鎮神社です。 演奏中は撮影禁止なので演奏後の写真ですが、本当にゾッとするくらい美しい淵です。 ボクはやや変な体質でして奉納演奏をしないと体調が悪くなるのです。 だいたいのモノは波動で感じています。 人もモノも…

霊の世界とは

霊的ないわゆる目に見えない世界とは 地中に存在する木の根っこのようなモノだと思う 普段目にするのは地上にある木の部分。 しかし、 見えないけどある。 地中の根っこの世界を垣間見ることは日々生活をしているとないように思うけれど 意識すれば 認識をす…

桜の絵の話

桜が今年もしっかり終わりましたね いきなりですが 桜の絵ってとっても難しいと思います。 松や梅の絵はディフォルメされて本物よりも違う良さを提示することに成功していると思うのですが、桜の絵は あまり、良いな っと思うものがないのは 桜が日本人にと…