theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

龍の音

さて、今日はみなさん大好きな龍の話です。 え?好きじゃないって?(笑) まあ、変わった話ですが読んでやって下さい。 ふと先日友達と喋っていて龍の話になりました。そして、息子が龍の話をしだしたりしましたので十年ぶりくらいに龍を意識しました。 龍…

ユダヤの奉納演奏

今日はまた天川の磐座でお会いした方に誘われ 奉納演奏をしてきました。 ガチの神事はだんだんと言葉はなくなり そういうことですね。 っという言葉だけになっていったりします。 さて、天川神社という場所はボクにとって特別な場所でして、神秘体験により見…

自分の道をいく。補足

自分の道をいくコトが 結果 世界、宇宙へとつながる 愛の素粒子を感じて

自分の道をいく

人生において一番大切なコトは自分の道をいくコトだと思う。 人の道ではなく自分の道 それを歩んで死を迎えれるならそれほど最上のコトはないのではないであろうか。 それは喜びの道であると思う 人はブレやすいものである。 世間の評価を気にして生きていつ…

Powers of ten

大学時代にみて感動した Powers of tenです。 ボクの中ではこれがベースにあり、世界の全てはつながっているのだな。 っという根本的な思考回路を作られましたのでシェアしたいと思います。 https://m.youtube.com/watch?v=paCGES4xpro 極大と極小は限りなく…

龍鎮神社 奉納演奏

奉納演奏に行ってきました。 奈良の龍鎮神社です。 演奏中は撮影禁止なので演奏後の写真ですが、本当にゾッとするくらい美しい淵です。 ボクはやや変な体質でして奉納演奏をしないと体調が悪くなるのです。 だいたいのモノは波動で感じています。 人もモノも…

霊の世界とは

霊的ないわゆる目に見えない世界とは 地中に存在する木の根っこのようなモノだと思う 普段目にするのは地上にある木の部分。 しかし、 見えないけどある。 地中の根っこの世界を垣間見ることは日々生活をしているとないように思うけれど 意識すれば 認識をす…

桜の絵の話

桜が今年もしっかり終わりましたね いきなりですが 桜の絵ってとっても難しいと思います。 松や梅の絵はディフォルメされて本物よりも違う良さを提示することに成功していると思うのですが、桜の絵は あまり、良いな っと思うものがないのは 桜が日本人にと…

心のスイッチ

心のスイッチはいつも自分でおす ずっとこの人といよう っという時も お店屋さんのメニューを決める時も 頭ではなく心でおす

春休み 子供が家にいる。

春休みですね♪ 春休みなので息子と娘と触れ合うコトにしました(笑)なかなか意識的にしないとそういう時間が持てないので。 まず、ニフレルという大阪万博公園ちかくの最近出来た水族館に行ってきました♪ ホワイトタイガー ワニ ここは海遊館が母体の水族館…

南仏の村の生活

南フランスの小さな町ピュイシュリックでの生活は目にするもの全てがとても新鮮で、制作は産みの苦しみでしたが、かけがえのない思い出となりました。 きっと日本や海外の都会でも体験出来ないことばかりだったと思います。 ボクたちは携帯も持ってなくて車…

ドアを見て思うコト

南仏の町ピュイシュリックの滞在先のドアを見て感じるコトがありました。 これです。 これはたしか100年前くらいのドアなんですが めちゃくちゃ重いんです。 細くて小柄な日本人なら開かないかもしれないなってくらいズッシリとしています。 開け閉めだけで…

ピュイシュリック

フランスで初めて滞在した場所はピュイシュリックという、日本人はおよそ誰も知らない名もなき小さな町でした。 そこはまさに 歩いて端から端まで行けるような小さな町で、教会、パン屋、ワイン屋(ワイン屋は二軒ありました(笑))、肉屋、小さなスーパー…

南フランスの村

フランスにアート制作や展示会で滞在していた話。 ボクがフランスで最初に行った場所はパリではなくピュイシュリックという、およそ日本人が滞在したのは最初で最後だったのではないだろうか。 っと思わせるような街でありました。 カルカッソンヌという世界…

歴史的なアートの流れ

現代アートというモノがわからない。 っという人はもちろんいます(笑) しかし、そういうものの積み重ねで歴史的な文化が積み重ってきているのもまた事実なのだと思います。 ただこの100年、200年の変化はすごいかもしれませんが…(笑) そして、皆さんご存…

これからのアーティスト考

松が終わり、続いてオニの製作デス。 ひたすら。 これでいくらもらえるというコトもなく もちろん時間給とかもありません。 家族もあるし、色々あるけど、その圧力の中アート一本でやってるコトが自分の成長の糧となっています。 普通の脳みそなら、こんなバ…

ほぼ完成しました

松宿る神霊、宙より降り注ぐ が大体完成しました。 後はニスを塗ります。 この度思ったコトは本気で工房形態にしたいな! っというコトです(笑) 大体一か月かかりましたね〜 ボクは4時間が集中力の限界なんです。 ミケランジェロも言ってますが、集中力は4…

またお山…(笑)

またまたお山に行ってきました。 続けて二回行ったので、だいぶ調子がよくなりました。 何でもやればやるほどですね♪ 何故山を歩くのが良いというと前回上げた以外にも 踵の柔軟性。ふくらはぎの筋力あっプ っというコトも大切なところかなと思います。 踵が…

お山で若返り

西宮に戻りお山に行ってきました。 ボクは山ではなく、ついお山と言ってしまいます。 それくらいに山に対しては特別な思いがあるのです。 日本の国土は七割が山なので お山の国だと思います。 お山には定期的に登ります。 何故お山に登るかというと 体調を整…

製作日記

今日はここできて煮詰まってきました。 あと少しなんですが、絵は最後の方がボクはしんどいのです。 この左下の二つの線は天津金木なんですが、これの線の色を灰色系にするかクリーム色にするかを迷っているのです。 左が灰色系。右がクリーム色系 東洋的に…

弁財天奉納演奏

今日は箕面にある龍安寺に奉納演奏に行きました。 知り合いの方に教えていただいたのですが ここはなんと日本最古の弁財天らしく 日本五大弁財天はまいったのですが。 ボクとしてはやられた〜(笑)っという感じでした。 昔ミュージシャンの時代、弁天太朗と…

何故お線香と蝋燭?

さて、お墓詣りをされる時に絶対するものとして、蝋燭とお線香ですよね。 ボクは何故それをするのかな? っと常々疑問に思っていました。 で、巡礼中に色々な方にお聞きした話をボクなりに解釈してまとめてみました。 まず、蝋燭なんですが、火というものは…

宇宙の愛は降り注いでいる

宇宙というと遠いお空を思い浮かべるかと思いますが、ここ地球も宇宙なんですよね。 地球も宇宙 地球人も広義では宇宙人。 ぼくならば 西宮市民 兵庫県民 関西人 日本人 アジア人 地球人 太陽系人 天の川銀河人 これくらいの意識でいたら良いんじゃないのか…

ペルソナ

ペルソナっていう言葉は聞いたコトがあるでしょうか? ペルソナ(英: persona)とは、カール・グスタフ・ユングの概念。ペルソナという言葉は、元来、古典劇において役者が用いた仮面のことであるが、ユングは人間の外的側面をペルソナと呼んだ。 by wiki っ…

三味線の話4 歴史

三味線の歴史なんですが、これは中国からやって来ています。 日本本土にやって来て、北上して最終的に津軽三味線になったようです。 二通りほど由来があって、ひとつは沖縄を経由して本土に来た説と、直接本土に来た説です。 が、中国の三味線は このような…

三味線の話3 津軽じょんがら節の由来

代表的な津軽民謡は じょんがら節 あいや節 よされ節 ですが、その中でも一番有名なのはじょんがら節だと思います。じょんがら節は演歌のモチーフでも度々使われてますからね。 が、その由来を知る人はあまりいません。 じょんがら節は 上河原節 と書くので…

三味線の話2

三味線と言ってもボクが弾いているのは津軽三味線です。 三味線と奏法が違います。 具体的な違いはあのシャモジみたいな撥を撥皮に直接当てるか当てないか。です。 が、津軽三味線の有名な高橋竹山さん(故人)という方がいて、その人の音がなんか他の人と明…

三味線の話1

三味線の話をちょっとだけします。 三味線をやる事にしたのは日本人らしさを知りたかったから カシコくいうと日本人のアイデンティティを知りたかったからです。 18歳 渋すぎるやろー! って思うんですが、もう20年もしている。 三味線は色々な事を教えてく…

PPP

今日は節分ですね ボクはオニをテーマのひとつとしてアートをしているのでこの日はまた特別に色々と感じる日でもあります。 ひとつ意味深なコトをいうと悪魔といわれるものは前の王朝の最高神だったコトが多くある。っというコトです。 例えば、シュメールの…

松宿る神霊

ただいま明石で制作中 松宿る神霊、宙から降り注ぐ っていう感じです。 まだまだ途中ですが これは能舞台の松にインスピレーションを受けて描いてます。 能舞台って松が描かれてますよね。 何で松が能舞台にかかれていると思いますか? アレは依り代らしいん…